LINEで送る
Pocket

★買い

週末の相場は上下に降られながらも基本買い優勢の推移で、現在617$前後の推移。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-9-35-18

金曜日の先物SQ通過後、丸印の通り現物の上昇が起こり、節目の625$をトライしたが、やはりここは簡単には抜けず押し戻された格好。

ここの節目を超えてくると、上昇に弾みがついてくるはずであるが、先週コラムで記載した通り、もう少々時間がかかるイメージか。

さて、先週8日、9日に、イタリアミラノでscaling bitcoinが開催された。

この会議は、課題になっているビットコインのスケーラビリティ問題に対し、関係者のコンセンサスを得るために継続的に行われているものであるが、内容的には特に買い材料になるような話はなく、強いて挙げれば、segwitの実装が近づいている、というコメントがあったことぐらいであろうか。

市場もこれには特段の反応を見せておらず、むしろ軽い失望感があったように思う。

ご存知の通り、この議論やプロセスは、ビットコインがdecentralizedであるがゆえのマイナスの側面であるが、segwitの実装により時間稼ぎができるとはいえ、年内には方向性が見えてきて欲しいところ。

ちなみに、筆者は証拠金に対し50%の含み益を温存したままロングポジションをホールド中。

(現在のレバレッジでは、現物10%の上昇で、証拠金はおおよそ倍になる)

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。