LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は日中しっかりの動きだったが、深夜にかけて下落し、現在575$前後の推移。

昨日のコラムに記載の通り、やはり相場は手が出しにくい状況で、総じてもたつき気味。

とはいえ、現時点では相場は崩れているとまではいかず、あくまでスピード調整の範囲内といったところ。

スクリーンショット 2016-06-08 9.44.49

現在は第二波動が終了し、依然、5日線を下値抵抗ラインとして、第三波動に入れるかどうかの瀬戸際の場面だ。

まだ上値を追っていく可能性はあると思われるが、高値圏であることもあり、ポジションを持つ場合は、短期と割り切って臨みたいところ。

さて、昨日、中国の外貨準備高の発表が行われた。

ここ2か月の間、減少に歯止めがかかっていたわけであるが、再度減少に転じた格好だ。

今回の相場の原動力はこの流れがあるわけだが、先日の米国の雇用統計の悪化かから、米国の金利引き上げムードの後退を見るに、足元では、この流れが継続するかどうかは微妙な状況だと思われる。

したっがって、ビットコインの相場にも、急激な上昇圧力はかかりにくい状況であろうと思われ、現時点では様子見という判断が妥当か。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。