LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は金曜日に反発したものの、土曜日に帳消しとなり、現在約650$前後の推移。

週末はビットコインの歴史が始まって以来2度目の半減期が到来した。

ご存知の通り、この半減期というものはブロック高が210,000ブロックを経過するごとに、以降、そのマイニング報酬が半減していくことを指す。

今回の半減期を通過したことで、日曜日以降、マイニング報酬は1ブロックあたり25BTC→12.5BTCとなったが、現在、1BTCあたりの価格は650$前後であれば、マイナーは利益が創出できる状況にあると推定され、本件によってビットコインネットワークに問題が起こるのでは、という懸念はないものと考えて良いと思う。

現に、半減期到来以降、ネットワークは通常通り稼働しており、市場は何も心配してない様子が見て取れるわけだが、足元の相場の感触としては、想定よりもしっかり動いている、という印象。

スクリーンショット 2016-07-11 9.58.04

先週からコラムに記載している通り、日足一目均衡表の遅行線が陰転していること、移動平均線も下降、割り込みなどがあることから弱めの展開を想定しているわけであるが、ここ数日の下ヒゲの示現から見れる通り、意外と底堅く推移しているように思える。

週足オシレーターを見ると、まだ買いレンジまで到達しておらず、しばら時間調整があると思われるが、このまま底堅い動きをするようであれば、前回の半減期のように、半減期通過後に本格的な大相場が到来するということもあり得るように思う。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。