LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日も引き続き買いが継続し、現在318$前後の動き。

相場は崩れる気配がなく、少々下押しするとすぐに反発し、継続的な上昇が続いている。

筆者は朝方ショートの建玉をカバーして、ギブアップ。

ごく少ないポジションであったので大勢に影響はないが、含み損を抱えているのもいやなので、相場の足取りを見て、いったん撤退することにした。

現在の相場のように、真綿で首を絞められるごとく、じりじり継続している場合、さらに大きな上昇をする可能性がある。

これは、筆者のように逆のポジションを持ったトレーダーの潜在的含み損が拡大し、一気にショートカバーに動く局面が出るからだ。

四半期物の先物の価格は、現物価格に比べて+25$のプレミアムがついており、相場は、より強気な方向で動いている。

通常このスプレッドは強気相場時では高くても+15%程度だが、アービトラージをしたいトレーダーにとってはチャンスであり、現物買い、先物ショートの戦略もアリ。

相場は前回のギリシャ相場の高値を超えてきており、相場つきが違う。

相場は高値圏で非常に手を出しずらいが、ビットコインの相場は天底の局面では想定よりも振れるので、足元の動きを見ていると、さらに上昇の勢いがつく可能性がある。

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。