LINEで送る
Pocket

★買い

昨日も買いの流れが継続し、現在466$前後の動き。

相場は依然、昨日コラムで記載したトレンドラインに沿って動いていおり、気がつけば、前回高値と同水準まで上昇してきている。

昨日、筆者はロングポジションを一旦手仕舞い、現在ゼロポジションという状況だが、相場は加熱している感じがなく、じりじりと下値を切り上げてきているこのような動きは、まもなくショートカバーを誘発し、相場上昇に、より拍車がかかる可能性を秘めている。

さて、昨日、可能通貨関連のrippleから、リップルトレードの中止のアナウンスがされたが、これに伴い、ripple(XRP)の価格が下落しているようだ。

rippleはそもそもビットコインとは構造が違い、筆者はこれをトレード対象にするにはいかがなものかと考えており、手を出していなかった。

運営しているripple lab社の視点からすれば、ビジネス戦略上の妥当な意思決定に見えるが、日本ではrippleをトレード対象にしている人の割合が多く、また、そのIOUをベースにした、いかがわしいコインを売りだしている事業者もいることから、今後これらの問題が健在化してくると思われる。

これらの現象は、ビットコインからみた場合、その非中央分散構造の見直しにつながり、トレード資金の流入が期待されポジティブである。

一方、これらの問題が顕在化した場合、仮想通貨というくくりの中で、ネガティブな印象を持たれるリスクもあり得る。

筆者はマクロで見れば、ビットコインにとっては総じてポジティブであると捉えており、ビットコインの相場にはプラスの材料として寄与しよう。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。