LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日も小幅な値動きで、現在373$前後の推移。

ビットコイン相場に関しては材料難の中、依然、動きづらい展開が続いている。

筆者はもう一段の下落の可能性を考えてショートポジションを持っているが、特段売り込まれる動きも見られず、基本的なスタンスは買いタイミング待ち、ということで良いと思う。

肌感覚としては、ここ最近指摘している週足基準線近辺350$前後が下値になりそうな感覚を持っており、現時点で弱気になる必要はない。

筆者の想定している年間を通じたイメージは年初のコラムの通りだが、今回の相場の反転のきっかけは、昨年同様、元の再切り下げの話になる可能性が高いと思う。

ご存知の通り、日銀のマイナス金利導入以降元の割高感が強まっており、再度、元の切り下げが実施される可能性は高まっている。

著名投資家ジョージソロスもダボス会議において中国のハードランディング可能性を指摘しているわけだが、足元の中国株式の値動きの悪さを見ると、まもなく手を打ってくる可能性を考えておいたほうが良いだろう。


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。