LINEで送る
Pocket

★様子見

(先週末は筆者が体調を崩し、コラムの記載ができませんでしたが、本日から再開します)

先週は水曜日あたりから相場が崩れ始め、土曜日まで一貫して下落。

下落の要因は、satoshi round tableでの内容で、方針が定まらなかったことが要因であるが、直接のきっかけは、coinbase CEOのアームストロング氏のブログ

内容を見るに、やはり、コア、マイナー、ビジネス、それぞれの立場で主張や考え方が食い違っており、一筋縄にはいかない様子が伝わって来る。

coinbase社は、ビジネス側の立場ということもあり、一刻も早くブロックサイズの拡張を行なうべき、と主張している状況で、前回の香港での非公式会合の結果に、意義を申し立てた。

また、gavin氏も昨日ブログに投稿をしており、その内容によれば、今回の円卓会議では前回の香港での方針に対してほとんどの参加者が合意できない旨の立場だった、と記載されており、こちらからも、本問題の合意の困難さが伝わって来る。

筆者は、前回の香港会議以降、近々に合意可能な方向と見ていたが、これらを見るに、筆者が想定していた以上に合意形成は難しい、と改めて考えさせられた。

これを受けて、相場は前回の香港会議前後まで戻ってしまい、筆者は一部建玉を処分しているものの、ロング建玉のリカバリー中。

中期的なスタンスは強気で変わらないが、短期的に相場は様子見で。


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。