LINEで送る
Pocket

bannedbitcoin

ボリビアの金融当局(ASFI)は先週、仮想通貨への投資を勧誘した60名を逮捕した。ASFIの声明によれば、容疑者らはネズミ講に近い投資勧誘を行っており、違法性が認められたという。

ASFIのレニー・ヴァルディビア・バウティスタ局長は逮捕に対するコメントとし、「容疑者らは言葉巧みに人々を勧誘し、彼らの’お金’を貨幣だと詐称した」と述べている。

ボリビアやエクアドルなど、中南米の一部の政府と中央銀行は、ビットコインやアルトコインを「ピラミッド・スキーム」とみなし、「政府や権限を持つ機関」以外によって発行・管理される貨幣の利用を禁じている。また、ベネズエラにおいては公的に禁じていないものの、ハイパーインフレの影響でボリバルの価値が大幅下落するとビットコイン・マイニング事業に従事する人々が増加し、秘密警察SEBINが地下産業と化したマイニング事業を検挙するという事例もあった。

ボリビアに住む人々の大半はunbanked(銀行口座を持たない人々)であり、同国内のビットコインユーザーはFacebook上のコミュニティを通じてビットコインやアルトコインの交換を行っていたようだった。金融当局はインターネット上の活動を補足していなかったが、一部のユーザーがパンフレットを印刷し、配布していたことが原因となり、芋づる式に60名もの一斉逮捕に繋がったとの見立てだ。


BitcoinMagazine

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36