LINEで送る
Pocket

burger_king_russia

モスクワのバーガーキングが今夏、ビットコイン決済の採用に動いていることがわかった。現在は社内でテストを行っており、夏の終わりまでにいくつかのフランチャイズ店舗で実稼働させる。

「バーガーキングは、2017年内にビットコインの受付を開始する予定です」と、同社は声明の中で述べた。「仮想通貨の成功を確信し、この決定を下しました。我々は8月10日より、ビットコインを利用したソフトウェア開発コンペを開催する予定です。」

ディレクターを務めるドミトリー・ハニー氏によれば、同社がビットコインの採用に至らなかったのは、ロシア国内における規制と税制だったという。仮想通貨の利用に対するロシア政府の態度が軟化したのは、ごく最近のことだ。

2014年には、ビットコインを「マネー・サロゲート」(代替通貨)と位置づけ、利用や宣伝を禁じる法案が提出された。しかしながら昨今の仮想通貨・ブロックチェーンブームの後押しを受け、ロシア政府はこれを取り下げ、2018年内の合法化に向けた規制整備に動き始めているようだ。6月に開催されたセントペテルブルグ国際フォーラムでは、露中銀のオルガ・スコロボガトバ副総裁による中央銀行コインの発行と利用の示唆、及びプーチン大統領とイーサリアム考案者ヴィタリック・ブテリン氏の会合が話題となった。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36