LINEで送る
Pocket

cryptsy-settlement

米国地方裁判所のケネス・マラ裁判官は、フロリダ州で起こされた集団訴訟に対し、仮想通貨取引所Cryptsyの元CEOであるポール・バーノン氏に賠償責任があるとし、820万ドル(9億円)の支払い義務があると判決を下した。

Cryptsyは、2013年に立ち上げられたアルトコイン取引所。2016年1月にハッキングに遭い、当時の時価で合計9.5億円に相当する13,000BTCと300,000LTCが盗まれたと突如声明を出し、夜逃げ同然で姿をくらました。事件発覚時にはユーザーによる10,000BTCの引出しが凍結されたまま放置されていたと報告されている。

Cryptsyの破綻には謎が多く、当事者であるポール・バーノンの消息も掴めていない。2015年末より引き出しの過度な遅延も報告されており、また2014年には既に顧客資産が紛失していたとの報告もあり、マウントゴックス事件との相関性も指摘された。バーノンは顧客資産の大半を失ったまま取引所の運営を続けようとしたが、ほどなく集団訴訟が起こされている。

ケネス・マラ裁判官によれば、バーノンが見つかり勾留されれば、820万ドルの賠償責任を負わされることになる。噂によれば、バーノンは現在中国に潜伏しているとのことだ。


Cryptsy settlement

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36