LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日も強気の流れが継続し、現在1667$前後の推移。

スクリーンショット 2017-05-10 12.19.39

こちらはbitbank Tradeの週足USDチャートであるが、現在のJPY/USD=113.7をかけると、約189,500円あたりの価格となるが、一方、日本の取引所はおおよそ210,000円であり、日本は依然相当高めの相場展開となっている。

このチャートで見ても、テクニカル的には警戒領域となってきているので、JPYベースの価格は、加熱領域に入っていると考えてもよかろう。

ご覧の通り、過去、週足ボリバン2σを突破してくると、近日中に大きめの調整が入る傾向があり、そろそろ警戒感を高める必要がある。

bitbankTradeであるが、昨日から手数料の90%OFFとキャンペーンの大胆なアナウンスがされており、筆者も正直、手数料が高いと思っていたので、これで、存分トレードができる前提が整った。

筆者的には、まだ数日ロングでいいと思うが、吹上の局面ではショートを狙うのも一考かと思う。

仮想通貨市場はオルトコインの高騰もあり、資金循環が良くなってきており、ムード的にはお祭りムードの状況である。

特段の悪材料も見受けられないものの、segwitライブのライトコイン以外はマネーゲーム的な様相が出ているので、注意は必要。

ライトコインロングのビットコインショートは戦略的には引き続きおすすめ。


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。