LINEで送る
Pocket

bitcoinjpjj

バリー・シルバート率いるDigital Currency Group(DCG)は23日、ニューヨークで開かれたConsensus 2017に合わせて、最大手マイナーBitmainを含む21カ国56社で合意しハードフォークを実行すると宣言した(Bitcoin Scaling Agreement at Consensus 2017)。

合意に至ったハードフォークの元になるのは、RSK LabsのSergio Demian Lernerにより3月31日にメーリングリストで提案された「Segwit2Mb」と呼ばれるアイデアだ。これは、Segwitがアクティベートに至れば、6ヶ月後にブロックサイズを2MBに拡張するコードを予め約束事としてソフトウェアに組み込むというもの。Segwitのアクティベートに難航し、BitcoinUnlimitedによるエマージェント・コンセンサスの危険性も指摘された今、バリー・シルバートが旗印を掲げたことで、マイナーや事業者の支持を一身に集めた格好だ。

同協定は元々のSegwitアクティベーションに必要だった95%ではなく、80%の支持を得ることができればSegwitの有効化が確定する。

DCGは声明の中で、次のように述べた。

我々は、ビットコインの容量を引き上げるための安全なソリューションの設計とインテグレーション、デプロイに関わるエコシステムの参加者と密に連携し、ビットコインコミュニティ内でのシグナリングを改善するための技術的メカニズムの研究開発に取り組んできました。我々は、すべての企業、マイナー、開発者、そしてユーザーを歓迎します。ビットコインの未来をつくるため、集結しましょう。

とりわけ驚くべきは、Bitmain(AntPool)やViaBTC、Bitcoin.com、BTC.com、BTC.TOP、Bitclubなど、これまでBitcoinUnlimitedないし8MBブロックを支持していたマイニングプールとマイニングファームがこの協定に「合意」している点だ。ここに元々Segwitを支持していたBitfury、BTCC(Pool)が加わることで、現時点におけるネットワークのうち83%ものハッシュレートを味方につけることに成功している。

また、bitFlyerやBitPay、Blockchain、Circle、Coinbase、Shapeshift、Xapoなどの取引所・決済プロバイダ・ウォレットプロバイダも支持を表明。事業者は中国、米国、ケニア、メキシコ、ドイツ、フィリピン、韓国、チリ、インド、日本など21カ国にまたがっている。

Segwit2Mb実現はほぼ確実 しかし確執は増すばかり

ここまでプレイヤーが揃ってしまえば、Segwit2Mbの実現可能性はほぼ確実だといってもいい。しかし問題なのは、Bitcoin Coreの開発とメンテナンスに携わるメンバーが協定に一切参加していないことだ。

DCGに出資を受けているBlockstream CEOであるAdam Backも、本協定に対してはっきりと「No」を突きつけている。この構図を言い表すならば、2016年2月の香港アグリーメントが最も近い。すなわち、一件落着のように思える本協定に至っても、ハードフォークの問題は一切解決していないということだ。

コア開発者がSegwit2Mbを問題視しているのは、何も2MBブロックへの拡張を危険視しているからだけではない。むしろ、「ASICBOOST」と呼ばれるビットコインのバグを、Segwit単体のデプロイを行えば解決できる一方で、Segwit2Mbの実装では引き続き残したままにする点を非難している。ASICBOOSTはブロックのナンスにnVersionを用いることでマイニングの計算効率を30%程度引き上げる特許技術であり、プロトコルから見えない形で秘密裏に悪用することで、談合したマイナーグループがネットワークを寡占し、集中化を招く可能性が指摘されている。

物語はまだまだ序曲か

ビットコインが生まれてから8年の間、メンテナンスを続けてきたコア開発者を排除する動きが起こったのは驚きだ。しかし既にビットコインのネットワークは限界を迎えつつあり(他方、プロトコルとしては正常に動いているという原理主義者も多い)、この協定は、それでも頑なな姿勢を崩さないコア開発者を排除しようという動きと捉えることもできるだろう。Segwit2Mbは、プロジェクトをフォークして実装される予定であり、コア開発者がマージしない限りは本体に取り込まれることもない。BitcoinUnlimitedと同様に、平行プロジェクトとして扱われることになる。

願わくば、円満な合意かつブロックチェーンの分岐なしで決着してほしいところだが、現状だけを見ると、小さなハッシュパワーを持つオリジナルと、大きなハッシュパワーを持つSegwit2Mbに分岐し、どちらがオリジナルで揉める状況にもなりかねない。これが「良い前例」になるか、「最悪の前例」になるか。結末を見るには、この成り行きをもうしばらく見守る必要があるだろう。そして自身のBTCも、その時が来た時は自身のウォレットに退避させ事態の収束を待たなければ、ハードフォークによって資産が失われる可能性が高い。


Bitcoin Scaling Agreement at Consensus 2017
CoinDesk

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36