LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日もやや売り優勢で、現在2635$前後の推移。

スクリーンショット 2017-07-27 11.59.11

相場の情勢は昨日と大きな変化はなく、日足ベースでみると、25日線維持、一目均衡表の遅行線も陽転のままで、買い上げる材料が不足している一方で、明確な売り兆候も見られない。

スクリーンショット 2017-07-27 12.03.39

週足でも、同様の状況で、先週足で、一目均衡表転換線、5週線を上回った形で推移しており、明確な売りサインが出ている状況にない。

目先的な判断としては、日足の25日線を維持できるかどうかで良いと思われ、どちらかというと売り優勢になってくるのでは、とイメージしている。

根拠としては、やはり、これから控える、BCCの登場、segwitチェーンにおける2Mハードフォークへの懸念があることによる。

UASFによる敵対的な分岐は防げたとはいえ、コミュニティの分断状況は続き、支えてきた構造そのものが変化してくる可能性があるので、楽観視はできない。

一方で、segwitチャーンにおける、レイヤー2の進展には希望が持てるので、今後はこのあたりの強弱感の判断材料になってこよう。

直近の足元としては、やはり懸念材料が多い状況と思われる。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。