LINEで送る
Pocket

★様子見

400$のマイナス5%の380$を下限に、想定通り揉み合いの展開が続いている。

世界的な金利先高感の見通し後退から、世界的に株式市場が安定感を取り戻しており、オルタナティブには大口の換金売りなどが出にくい状況。

足元、金利の上昇の気配が見られないことから、ファンダメンタルズ的には過度な心配を必要は無いであろう。

あとは需給であるが、昨日の指摘の通り、週前半は売り物をこなしながら揉み合いの展開を想定。

様子見で良いが、出来高に注視しながら、追撃買いの準備を。

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。