LINEで送る
Pocket

★買い

昨日は終始買い優勢で、現在256$。

筆者は昨日のコラムを書いた朝方、相場が切り返す動きを見て、再度買いポジションを取った。

本日返済期限であるIMFの15億ユーロの返済は絶望的とされるが、直ちにデフォルト判定されるわけでなく、市場の関心は7/5の国民投票に移っている。

市場は、依然、ギリシャ国民はユーロ残留を選択するという考え方が優勢であると考えていると思われるが、通貨ユーロの売られ方を見るに、本件から派生するユーロ全体への影響を気にしている。

さて、ビットコインの相場はキプロスの連想から買い優勢であるが、ギリシャ国民がビットコインを退避通貨として新規に購入に走っているかというとそうでもなく、あくまで連想買いであると考えられる。

しかしながら、この手の話があるたびに、ビットコインというオルタナティブが存在することを認知されるので、いずれにせよビットコインの本源的価値向上につながっているのは確実だと思う。

スクリーンショット 2015-06-30 9.01.53

こちらは日足であるが、昨日待望の200日線(MA)をブレイクした。

ギリシャ問題に関わらず、相場は中期的にも強気に転じていく可能性が高い。

 

 

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。