LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は、昨日日曜日深夜まで比較的堅調であったが、0時頃に売り込まれ、現在223$前後の動き。

筆者は230$前後までの戻りを期待していたが、この動きを見て、いったん手仕舞い。

相場は、かろうじて220$の抵抗ラインを守っているが、足取りはさえない。

5日の米国雇用統計の発表を受け、米国の利上げが9月に行われる可能性が高まったことから、USドルの一極集中が加速している。

今年1月2日にコラムで記載した相場予想では、下期は、このドル一極集中による反動(特に新興国通貨問題)が顕在化する、と記載したが、このシナリオは今の所顕在化はしていないが、念頭に入れておく必要があろう。

1997年のアジア通貨危機時とは一概には比べられないが、ドル高と新興国経済の減速(今と同様の状況)がきっかけとなっている。

ビットコインも新興国通貨と同じなのでは?という声も聞こえそうであるが、ビットコインはむしろ、新興国通貨を含む既存通貨のオルタナティブなので、このような環境になると、むしろ強い動きが出てくると想定している。

今の所、まだ顕在化していないが、その可能性は徐々に高まっているので、一方的にビットコイン相場に弱気になれないでいる。

 

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。