LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は、一時318$近辺まで棒上げし、現在、308$前後の動き。

先週金曜日のコラムで、週末にかけての一段高、300$へのトライを予想したが、概ね予想通りの展開となった。

ギリシャ問題であるが、ギリシャ政府は国民投票と反対の結果とも受け止められる改革案をまとめ、債権団に向けて大幅な譲歩を行った。

ギリシャの銀行資本規制はいまだ解除されておらず、20日のECB向けの国債償還期限も控えていることから、ギリシャ政府は、一気に合意に動くべく、合意に向けた譲歩を行った格好だ。

しかしながら、特にドイツはギリシャに対して依然、強固な姿勢を崩しておらず、財務相会談の後に行われた首脳会議では、ギリシャが提出した改革案(年金制度の見直し、VATの税率の引き上げなど)について、15日までに法制化することを要求するなど、ギリシャ政府の実効性を信用していない。

EU内部でも本議論は意見が割れているようであり、緊張関係は続くが、市場は協議に進展が見られることや、ギリシャ政府が譲歩の姿勢を示していることなどを鑑み、合意する方向を予想しており、今週前半は合意ムードで安心ムードが漂うと思われる。

さて、ビットコインの相場であるが、上記の法制度化まで時間があることもあり、短期的には、相場の強さが継続し、もう一段の上昇もありそう。

しかしながら、ギリシャ問題の収束シナリオを前提に、その後は、やや調整方向に入ると想定。相場は中期的に強気のスタンスだが、目先的には行き過ぎで、多少の休息が必要。

ここからは無理に買い上がらず、今週前半に上昇する場面があれば、一旦売りで様子見が賢明か。

 

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。