LINEで送る
Pocket

★買い

週末は終始強含みの動きで、現在293$前後の動き。

相場は24日金曜日の夕方から動意付き、23日のコラムでコメントしてた200時間線を突破、新たにトレンドが始まった、という流れ。

相場は想定通りの動きをしており、本コラムの読者も良いところで買いを入れられたと思う。

さて、相場の上昇のきっかけとなっているのが、中国の政策動向だ。

日経新聞ほかメディアにすでに報道されているが、24日に中国政府が人民元の変動幅を拡大する方針を発表している。

これは、昨今の中国経済の減速を受けて、伸びが鈍化している輸出関連へのテコ入れ狙ってのことであるが、これに米国の年内金利引き上げの材料と相まって、元安(あるいは元安誘導)が進むことを示唆している。

今後のシナリオについては、market hackさんによく書かれているので、参考にしておてほしいが、これはビットコインの相場を押し上げる格好の材料だ。

過去のコラムにも度々書いているが、ビットコインの取引の中心は中国であり、中国人の動向で相場は大きく変化する。

ここ1年くらいは株式市場に向かっていたと思われるこれらの資金が、人民元安のシナリオと連動して、ビットコイン市場に回帰してくる可能性が高まっており、ギリシャの時と違って、実弾が期待できる状況にある。

筆者はこの中国元安から始まる通貨問題が、ビットコインの相場を押し上げる最も大きな材料だと考えていたが、今回、金曜日から相場が反応したことで、よりその確信を深めている。

 

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。