LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は、一時278$まで上昇するも、高値警戒感から売りに押され、現在268$前後の動き。

結局、24時間前より安くなり、長い上髭を形成した格好。

ギリシャ問題では、チプラス首相が、7日に開かれるユーロ圏首脳会議で、同国への金融支援に向けた新たな提案をする予定、との報道がされているが、内容が明らかにされてらず、どのように進展するかは現時点では依然不透明。

また、ビットコインの相場に影響を与えると注目してるのが、中国株式市場の動向。

以前よりたびたび指摘しているが、ビットコインの最大の買い手と思われる中国人の個人は、現在は株式市場に向かっていると見ており、これらの資金がビットコインに回帰してくれば、プラスに作用してこよう。

中国政府は、最近の株価急落でPKO(price keeping operation)の導入を決めるなど、足元の株価維持に躍起になっているようだが、これらの人為的施策は、市場原理の歪めるだけに終わり、中期的には何も効果が得られないことは、過去のバブル期の日本でも立証済みだ。

さて、相場は高値圏にいることは昨日もコメントしたが、相場は本日明朝あたりから、崩れ始めており、中期では買いスタンスのままだが、短期的にはいったん売却し、様子見をお勧めする。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。