LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は土日ともに続落し、現在257$前後の動き。

土曜日の段階で下値の目処としていた75日線を割り込みをみて、筆者はいったんロングポジションを解消した。

また、週足で見ても、一目均衡表の基準線を割り込んできており、テクニカル的には悪化してきている。(一部の取引所ではパラボリックも陰転)

筆者の買いの材料としているのは、中国の元の切り下げに端を発する、新興国の通貨問題であるが、先週は、やはりアジア諸国の通貨は敏感に反応したわけであるが、一方、ビットコインの相場はそれほど反応しなかったように見える。

この問題は、前回の上昇相場のテーマであるギリシャの時と違い、まだ顕在化していない問題であるのと、市場参加者が既存通貨に比べて少ないので、相場への反応が鈍かったということであろうと思う。

足元では、3日連続で行われた元の切り下げは、中央銀行の介入の動きや政府高官の発言から、いったん終了との認識が広まっているようだが、筆者は依然、米中の経済状況の違いからくる金融政策のずれの問題は継続すると考えており、楽観視はできないと思う。

 

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。