LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は、金曜日若干の戻りがった後、売り物に押され、現在227$前後の動き。

世界の株式は、9月の米国金利引き上げの実施見送り観測が優勢になったことと、値ごろ感から反発しており、多少の安心感が生まれている。

スクリーンショット 2015-08-31 8.15.34

現在の日経平均PERは約15倍程度であるが、ここ2年間、日経平均PERは14~16倍レンジでの推移であり、前回の安値18000円割れ水準は、(金利の引き上げがないことを前提に)比較的堅いライン。

ここ2週間のビットコインの相場は、株式相場と連動していたわけであるが、株式が一旦の底値を見たとすると、ビットコインの相場も株式に連動して連れ安する可能性は減少してきたと思われる。

しかしながら、ビットコインの相場は、先週あたりから、先物の価格が現物の価格よりも安く推移し始めてきている。(ビットバンクトレード BTC FX参照

スクリーンショット 2015-08-31 8.27.24

 

 

平時の場合、今週物の価格は現物価格に比べ、1%程度高めに動くのであるが、現在は逆に1%程度安めに推移しており、市場には先安ムードが高くなってきていることが見て取れる。

この先物価格は、四半期物で最大±5%程度の幅で動くのだが、それを鑑みると、市場は総弱気ではないものの、警戒ムードが高まっていることに注意が必要。

 

——-

ビットコインのショート、ヘッジを検討している方はこちら → ビットバンクトレード

 

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。