LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は連騰の反動でやや売られ、現在239$前後の動き。

株式市場は、上海・香港・NYの下げ止まりを見て、東京市場が1000円以上の大幅反発した。

以前コラムにも記載したが、PERレンジで見ると日経平均で18000円程度は妙味があり、金利の引き上げ観測が後退し、中国株式が荒れなければ、買われやすい位置であると思われる。

しかしながら、潜在的に、中国の景気後退観測や通貨切り下げ問題、米国の金利引き上げ問題がくすぶっており、全体的にリスクを取りづらい環境が続こう。

さて、ビットコインは、このところ株式市場と連動することが多いが、株式市場が落ち着いている間は連動して売られる可能性は低いと見られ、足元は小じっかりの動きが続いている。

スクリーンショット 2015-09-10 8.04.55

これは週足であるが、筆者が下値サポートとして意識していた200週線(ブルーライン)をなんとか維持しており、今の所、さらなる下値の可能性は後退しているように思える。(ここ1〜2週間は、割込む可能性を警戒していた)

昨日、やや警戒すべき動きがあったため、筆者はいったんロングポジションを決済しているが、動きを見ながら、再度ロングポジションを取りに行こうと考えている。

様子見としているが買い場探しのスタンス。

 

——-

独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。