LINEで送る
Pocket

★買い

週末はほぼ横ばいで、現在234$前後の動き。

相場は、ギリシャ相場の後テーマを失い、ここ1ヶ月間こう着状態が続いており、非常に動きづらい展開。

難しい相場展開であるが、足元相場は底堅さも見られ、先週と同様にスタンスは買いで臨んでみたい。

為替相場は、前回の米FOMCでの利上げは見送られたわけであるが、その後のイエレン発言を見るに、年内での利上げ実施の可能性は高まっており、市場もそのシナリオで静かに動き始めている。

米国の利上げの可能性を踏まえ、引き続き、新興国からの資金流出は継続しているわけであるが、中でも目を引くのはブラジルだ。

1994年に通貨レアルを導入以降の最安値となる、1ドル4レアルを突破し、最安値圏での推移が続いている。

スクリーンショット 2015-09-28 8.47.08

ブラジルはいわゆるスタグフレーションの状態であるが、政治汚職の問題に加え、先週はS&Pの格下げもあり、苦しい状態が続いている。

さて、ビットコインであるが、このような環境下で、ブラジル内でのビットコインの関心はやはり上昇しているようだ。

スクリーンショット 2015-09-28 8.52.59

こちらは、google trendにおける bitcoin キーワードの検索数であるが、継続して上昇しているのが見て取れる。

先進国においては、この傾向は見られず落ち着いているのだが、ブラジルをはじめフィリピンなどはこのように継続して関心が上がってきていることが確認できる。

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。