LINEで送る
Pocket

bitcoin-network-expand

7月23日、BIP91(SegWit2x)がアクティベートされた。順調に行けば8月中にSegWitがアクティベートされ、その3ヶ月後にはハードフォークが実施される予定だ。このハードフォークは、ビットコインのブロックサイズを2MBに拡張するためのものだが、反対する声もある。ハードフォークについては、今後も議論が続くと思われる。

ビットコインライターのKyle Torpey氏は以前、個人の意見としてBitcoinMagazineに反対意見を投稿している。同氏がSegwit2xに反対する理由は以下の3点だ。

  • ハードフォークによって市場が混乱し、ビットコインの信頼が失われる可能性がある
  • ハードフォークによってビットコインの特徵「信頼できる第三者を必要としないシステム」が失われる
  • SegWit2xの目的がスケーラビリティ問題の解決であるなら、より優れた解決方法が他にある

ニューヨーク協定(NYA)では多くの企業や団体がSegWit2xに賛同したが、一般の投資家やビットコイン保有者の意見は不明確のままだ。投資家はビットコインの価値を左右する影響力を持っているが、SegWit2xを支持しているのかも分からない。ハードフォークについては意見が別れているため、ビットコインを扱う企業や取引所は「元のビットコイン」と「ハードフォークによってブロックサイズが拡張されたビットコイン」の両方に対応する必要がある。

この時ビットコイン利用者や投資家がどちらのコインを支持するかは、やはり不明確だ。元のビットコインを支持する可能性も十分にあり、ハードフォークをきっかけにビットコイン市場が大きく荒れることにもなりかねない。

ビットコインの特徵は「信頼できる第三者を必要としないシステム」であることだ。だれもコンセンサスルールを「自由」に変更できてはならない。なぜなら、コンセンサスルールを自由に変更できてしまうということは、それは特定のグループによる中央集権的な支配構造につながるからだ。SegWit2xの計画にある「ハードフォークによるブロックサイズの拡張」は、一部のグループ(ニューヨーク協定に同意した企業や団体)が合意したことで決定した。これは、そのような中央集権構造によるコンセンサスルールの変更ともとれる。ビットコインの特徴が失われることになる。

また「SegWit2xの目的がスケーリング問題の解決だけなら、他に優れた方法がある」と、Kyle Torpey氏は言う。Blockstream社が提供するサイドチェーン技術を使えば、ビットコインの非中央集権の性質は守りつつ、スケーリング問題を解決できると言うのだ。また、この方法ならブロックサイズを指数関数的に増やすことができ、その他の機能に対する拡張性も大きい。

Kyle Torpey氏は、記事の最後を次のように締めくくっている。

SegWit2xは完全に無意味です。今後数ヶ月間でニューヨーク協定がどのような結果をもたらすかは分からないが、それは不必要な危険をもたらすように思います。

SegWit2xはニューヨーク協定(NYA)で多くの企業や団体から支持を得ている一方で、政治的な問題やビットコインの思想に関する考え方から、反対意見も多い。また、BIP91によるSegWitの実装には前向きな意見が多いのに対し、ハードフォークについては批判的な意見も存在する。


BitcoinMagazine

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする