LINEで送る
Pocket

vladimir_putin

ウラジミール・プーチン大統領は「デジタル・エコノミーに病的なほど執心している」と、ロシアのイーゴリ・シュワロフ第一副首相は語った。

露メディアRBCの報道によれば、この発言は先週開催されたペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)におけるブロックチェーンを議題にしたパネルディスカッションで、シュワロフ第一副首相が発したものだと言う。

「プーチン大統領は、政府の小グループと管理部門を集めて議論をはじめました。午前二時からです」と、シュワロフ第一副首相は話した。「議題は、先進技術と、デジタル・エコノミーについてです。」

シュワロフ第一副首相は更に、「ありのままを伝えると」と前置きした上で、次のように述べた。

「大統領は、病的なほど執心しています。直近の優位な成長率は確実に、デジタルエコノミーと技術的リーダーシップに基づいています」

ロシア政府は現在、技術開発における先端知識の取り込みや、問題対処に関してはユーラシア経済共同体(EAEC)を通じて行っているとのこと。シュワロフ第一副首相は、「各分野の専門家を招致するための準備は常にできている」と付け加えた。

また、ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、SPIEFにおいてプーチン大統領がEthereum考案者であるヴィタリック・ブテリン氏と接触を図ったことも伝えている。現在、大統領直下で行われている「新しいデジタル・エコノミー」構想は、ブロックチェーンを使ったものでは、ロジスティクス、アイデンティティ、デジタル・プロパティの3つのユースケースが考えられており、テストが行われているとのことだ。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36