LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日も警戒感から動きが少なく、現在825$前後の推移。

相場は、1/20のトランプ就任問題、本日終了予定の中国人民銀行の取引所調査の内容を注視している状態。

前者に関したは、やや対中姿勢への軟化が見られること、後者に関しては、取引所の関係者の発言を見るに、最悪の事態は免れそうに思われ、やや安心感が醸成されつつある状態か。

テクニカルでも、ここ2日間のコラムの通り、大勢弱気であるものの、リバウンドを試す可能性が高まっているとみており、ロングに分があると見る。

スクリーンショット 2017-01-17 12.08.11

今まさに執筆中に、現物は短期的な仕掛けポイントである200時間線をブレイクした。

スクリーンショット 2017-01-17 12.09.51

日足で見ても、本日から一目均衡表基準線の陽転、5日線上向きなど良い兆候が出始めている。(ただし、一目均衡表の遅行線は陰転中なので大勢弱気は変わらず)

戻りめどは25日線やボリバンセンターが位置しているあたりの910$あたりを目安にすると良いと思うが、短期仕掛けの場合は、ロングでせめても良い状況になりつつある。(ただし、手は早めに)

昨日、両建てした方は、ショート分はカバーを。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。