LINEで送る
Pocket

dex
DEX(分散型取引所)が注目を集めている。DEXのアイディアやプロジェクトは以前から存在していたが、Ethereumネットワークの改善やオフチェーン技術の追い風を受けて、再び盛り上がってきている。取引所は開発者、マイナー、ユーザーに並んで暗号通貨界における重要な利害関係者の一つである。また各国における取引所規制をみても分かるとおり、取引所は最も法規制を受けやすいプレイヤーでもある。そう考えると非中央集権的経済圏の成立要件として分散型取引は外せない。本記事では現時点で考案されている分散型取引所のシステムについての概要をまとめてみたい。

以下で検討するAirSwap, KyberNetwork, 0xはいずれもDEXに分類して差し支えないが、システムの設計やトークンモデルに多くの違いがある。本記事では3つのプロジェクトを同列に扱い比較しているが、思想が大きく異なるため単純な比較は難しい。

オンチェーン/オフチェーン

AirSwap

ビットコインニュースでもSwapについては以前紹介している。SwapからAirSwapへと名前が変わっているが基本的には同じ仕組みで動いているので、詳細に関しては以前の記事を参照されたい。

AirSwapではMakerの注文情報等(トークンペア、価格など)がIndexerに格納され、TakerはIndexerの情報に基いて注文を行う。Indexerはオフチェーンで処理され、トークンの交換が成立した際にのみスマートコントラクトが実行され、オンチェーンで処理される。また従来のオーダーブック機能は提供しない。トークンの交換はP2Pで処理され、それ以外をオフチェーン上で提供することにより、オンチェーンにおけるスケールや遅延の問題を回避しようとしている点が特徴的だ。分散型交換所と表記したほうが実態に近いかもしれない。

KyberNetwork

KyberNetworkではオンチェーンでオーダー処理と取引の両方が行われる。ホワイトペーパーではKyberNetworkにおける主要な役割5つのうちの1つとしてReserve entity(ies)が挙げられている。これはKyberNetwork自身、もしくはサードパーティーによって提供されるMakerの機能を果たす存在である。サードパーティーに対するKyberNetworkへの参加のインセンティブとして、売買スプレッドによる利益が提案されている。

TakerはAPIによって交換レートを取得し、レートに問題がなければトークンをスマートコントラクトに送ることによって交換が実行される。

0x

0xではRelayerと呼ばれる構成要素がオーダーの保存と更新を行う。Relayerはオーダーブックの管理のみを行い、トークンの売買を市場参加者の代わりに行うわけではない。売買を実行するのはTakerである。オーダーの処理はオフチェーンで行われ、オーダーの処理を行うRelayerは複数存在する。詳しくは公式のWikiが詳しいが、RelayerにはEthfinexやRadarRelayが挙げられている。該当ペアの交換を提供するRelayerを確認できたら、コントラクトアドレスにトークンを送ることによって交換が実行される。ペアが存在しなければ自分がMakerになることも可能だ。

トークンモデル

AirSwap

AirSwapプロトコルに基いて注文を行う場合にはAirSwapのトークンであるASTが一定量ロックされていなければならない。現時点は100ASTの7日間のロックが検討されている。ロック期間終了後、同数のASTが返還される。つまりAirSwapにおけるASTトークンは会員カードのようなものと言っても良さそうだ。

KyberNetwork

KyberNetworkにおいてはReserveの存在が重要であり、Reserveは売買スプレッドによって利益を上げることができることは既に書いた。ReserveがKyberNetworkに参加するためにはKNCトークンをコントラクト上に保有しておく必要がある。またKNCトークンは売買毎に一部がKyberNetworkに支払われる。支払われたトークンは、必要経費を控除した後にバーンされる。

0x

ZRXトークンはMakerとTakerによって交換が成立する毎にRelayerに支払われる。MakerはRelayerの手数料体系に基いて手数料を含んだオーダーを作成、Relayerはオーダーを確認し問題がなければオーダーブックとして公開する。Takerは自身が望む売買ペアとレートが見つかれば、コントラクトを実行する。その後トークンの交換とRelayerに対する手数料の支払いが行われる。

分散型取引所は法定通貨を扱えるか

本記事ではAirSwapに加え0xやKyberNetworkについて記述したが、これらは暗号通貨同士の交換を可能にする仕組みであり、法定通貨のペアは存在しない。分散型取引所が可能になったとしても法定通貨から暗号通貨への流入経路の確保は依然として重要である。市場の歪みは裁定取引によって修正され得るが、取引所に対する入出金規制によって同等物の価格に大きな乖離ができてしまうのはビットコインが示すとおりだ。法定通貨を含めた分散システムへの統合に今後も注目していきたい。


Swap: A Peer-to-Peer Protocol for Trading Ethereum Tokens
The Lay of the Land in Decentralized Exchange Protocols
KyberNetwork: A trustless decentralized exchange and payment service
KyberNetwork Smart Contracts Explained – KyberNetwork
0x Protocol Wiki
0x FAQ

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする