LINEで送る
Pocket

名称未設定

トレントサイト大手「The Pirate Bay」が、ユーザーのCPUを使用して仮想通貨のマイニングをしていることがわかった。同サイトはBittorrentのシェアリングプラットフォームを提供しており、ユーザーはトレントファイルをダウンロードをすることができる。

The Parate Bayは広告を載せる代わりに、ユーザーのCPUを使用して匿名性の高い仮想通貨「Monero」(モネロ)のマイニングを行っていた。マイニングした仮想通貨はウェブサイトの運営費に使われる。

同ウェブサイトを訪れるだけでは自身のCPUを使用されることはない。ダウンロードページなど、特定のページに移動した際にユーザーが使用しているウェブブラウザのCPU使用率が上昇していることが確認されている。

マイニングは、ユーザーがアクセスしたHTMLファイルに埋め込まれているJavascriptのコードを通じて行われる。Javascriptはブラウザの機能で動作するため、ユーザーのCPUを借りていることになる。すなわちユーザーは特定ページを開いている間、自身のCPUを貸し、さらに電気料金をマイニングのために支払うことになる。

The Pirate Bayの試みは、ウェブサイトを運営する個人や団体が、自身のサイトをマネタイズする新たなビジネスモデルになるかもしれない。多くのウェブサイトは広告を載せ、ユーザーのクリック数に応じて広告収入を得るビジネスモデルが主流だった。問題視されたのは、ユーザーが自身のCPUの使用を知らされていなかったことだ。一般的なユーザーであれば、CPUが何に使われているかなど気にもしないだろう。すでに広告をブロックするソフトウェアのように、CPUを勝手に使われないためのソフトウェアも登場している。

しかし現状においてはウェブサイト運営の大半が広告収入に頼るビジネスモデルであり、すべての広告や今回のような試みが完全にブロックされるとサイトの継続が困難になる。ウィキペディアなど、いくつかの非営利サイトは寄付ページを設置しているが、十分な収入を得るに至っていない。

検索エンジン大手グーグルなどは、広告収入だけでなくユーザーが検索したワードを元にトレンド調査などを行っている。さらにそれらをデータ化した解析情報をもとに莫大な収入を得ている。これらのデータは、ユーザーが無自覚なまま営利目的で使用されており、その所有権が誰に帰属するかなどの議論もまだまだなされていない状況だ。

ユーザーが便利なウェブサイトを利用する際には、その対価に何かを支払わなければならない。ユーザーがCPUと電気代を支払い、運営者が仮想通貨をマイニングするビジネスモデルは新しいマネタイズ方法ともいえるだろう。


TF

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。