LINEで送る
Pocket

★売り

昨日も強気相場が継続し、現在1168$前後の推移。

相場は天井の兆候は見られず、強気ムードが支配している。

相場は過熱領域に差し掛かっているが、昨年の年末と年始のように、このような局面では、糸の切れた凧のように、相場は一方方向に動き易い。

筆者は依然、位置取りが高いこともあり、売り推奨のスタンスで、タイミング待ち。

さて、現在の相場を見てみると、昨年と比べて上昇している要因に変化が出てきているように見える。

一昨日実施されたFRBでは利上げは見送られたわけであるが、米国経済は回復基調であるにもかかわらず、利上げができないでいる。

これは、ドル高を避けたいトランプ政権問題や、フランスのEU離脱の可能性などの外部不確実性が高まっていることが原因であるが、市場はFRBの利上げ対応が遅れることによる、インフレリスクを警戒し始めているように思う。

スクリーンショット 2017-02-24 16.06.35

<金先物チャート>

インフレといえば金であるが、金が今年に入ってから強含みで動いており、一昨日のFRBの利上げ見送り時には金が反応した。

ビットコインはその構造からデジタルゴールドと言われるわけであるが、今年に入ってから、まさに金との連動性がより高くなってきており、昨年の人民元の動きに変わって、これからはインフレイベントに価格は影響を受けていく可能性も出てきているように思う。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。