LINEで送る
Pocket

bitcoin-forex

中国四大銀の中国銀行前頭取、李礼輝(リ・レイキ)氏は火曜、国営放送局CCTVによるインタビューに対して、今年1月より開始された人民銀(PBoC)によるビットコイン規制について語った。

中国国内の取引所はPBoCの取締りを受け、ビットコインやライトコイン等の信用取引サービスの提供を突如停止。またPBoCによりマネロン対策など内部体制の未整備を指摘されたことから、体制整備に伴う仮想通貨の一時的な引出し停止を宣言している。

コミュニティの一部は、PBoCの規制が過度なものになると悲観的な見方をしているものの、李礼輝氏によれば、禁止にまでは至らないとの見立てだ。

「ビットコインは国境をもたないプラットフォームの上に構築されている。」と、李礼輝氏はインタビューに答えた。「ビットコインを潰そうとしても、それは不可能であり、将来的にも存在が潰えることはない。今我々に重要なのは、(ビットコインに対する)適切な規制だ。」

PBoCの声明は一貫して、ビットコインの価格変動に対する懸念と、反マネロン体制の整備に留まる。これは、PBoCがビットコインを富裕層の「価値の移転手段」として認識していることを反映している。中国国内の取引所は、昨年12月には世界全体の90%超のシェアを抱え、今では10分の1にまで取引ボリュームが下落した。しかし、中国国内取引所の興隆はビットコインのマイニング市場が中国国内に集中している以上、PBoCは迂闊にビットコインを禁止することはできない。事実、PBoCの声明の後、取引所のボリューム低下に反比例するように、localbitcoinsの中国エリアのボリュームは増加を見せている。

中国国内のビットコイン・コミュニティ内部では、来週にもPBoCが公式ガイドラインを発するとの噂も流れており、中国ユーザー達は市場の健全化に期待をしているようだ。


bitcoin.com

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36