LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は夕方から急落し、現在755$前後の推移。

急落の原因は、中国大手取引所のBTCCに、中国国人民銀行の立ち入り検査が入った、との報道がなされたことが原因だ。

くどくなるので背景は割愛するが、中国取引所規制の動きには、相場は敏感に反応する。

これから実際に規制に動くかどうかはわからないが、年初からコメントしている通り、マイナス影響は甚大なので、警戒をゆるめるべきではない。

スクリーンショット 2017-01-12 12.52.10

しかしながら、相場の下落ペースは筆者がイメージしているよりも速く、スタンスを売りから様子見としているのは、そろそろツッコミがあった場合は、逆張りを試しても良い局面となっていることが理由だ。

①:一目均衡表の遅行線は陰転しており、大局的には弱気

②:75日線をブレイクで弱気

③:200日線は目先の攻防ライン

筆者のイメージであるが、①が実現しているので大勢弱気のスタンスであるが、下落スピードが速いため、③は一旦は死守する可能性があるとみている。

理想は、本日売り込まれて、一旦需給的な出尽くしが行われるのが良いと思うが、逆にここまで売り込まれずに、中途半端に戻るようであれば、再度売り込まれる可能性もあるので、静観するのが良いと思う。

着目するインデックスは、先物でなく現物の価格で。

(見るのは現物価格で、売買は先物で、という意味)

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。