LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日日中は終始しっかりの動きであったが、夜半にPBoCの中国取引所規制のニュースが伝わり、急落。現在959$前後の推移。

昨日のニュースは、年初から続いているPBoCの調査の内容から、中国三大取引所のうちの二つOKCoin(.cn)、Huobiにおいて、ビットコイン、ライトコインの引き出しが最大1か月程度停止される、という内容だ。(ビットバンクトレードで連携している、OKCoin.comは影響を受けていない)

これは2014年のマウントゴックス事件を想起させるもので、当時も、マウントゴックスのサービス停止、引出し停止、となり、それが契機となり、ビットコインの価格は下落していく、という流れであった。

中国版ゴックスと例えられるような内容であるが、マウントゴックスの引出し停止は、引き出すビットコインが盗難、紛失しており、そもそも原資が無くなっていた、ということに対し、今回は、ビットコイン自体がなくなっていることは無いため、そこまで動揺する必要は無いと思われる。

スクリーンショット 2017-02-10 11.01.56

現在、先物から見るマーケットは、現物と四半期先物の乖離は−100$(10%強)あり、改めて強い弱気に傾いているが、昨日の急落局面では、この乖離は一時200$あり、これは筆者が過去見たことが無い乖離幅であった。

ここからは、この−100$ある乖離が縮小していく動きになると思うが、前回の相場の経験則的には−30$あたりまで、といったところだろうか。

筆者は、この急落前にショートポジションをカバーし、ギブアップしていたわけであるが、正直、下落を想定していただけに精神的のもショックが大きい。

相場は総じて高いところにあり、中期的にはまだ下げの可能性が高いと思われるが、気を取り直して取り組むつもり。


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。