LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2017-08-29 18.41.26

テキサス・オースティンを拠点にFMラジオを通して仮想通貨やビットコイン関連情報を発信しているThe Crypto Showは、ハリケーン・ハービーが直撃したテキサス州南部のポート・アランサスにビットコインで募った寄付を使い支援物資を届けた。

ハリケーン・ハービーは先週、テキサス州に上陸し29日現在も45万人が政府の支援を必要とする被害を出しており、3万人が緊急避難を強いられている。さらにハリケーンは熱帯低気圧に変わり、雨が降り続き、洪水などによる被害が拡大する懸念がある。

The Crypto showは元々、Unsung.orgという慈善団体を運営しており、ビットコインとダッシュで寄付を募り、アメリカのホームレス向けに衣服や食料を提供していた。Crypto ShowのDJ ダニー・セソムズ氏は、先週のハリケーン被害を受け、27日にラジオやSNSを通し義援金を募る呼びかけをしていた。

ダニー氏はビットコインで約500万円分の義援金を集め、Bitcoin.comのロジャー・ヴィアCEOもビットコインの寄付を行ったようだ。寄付をもとにハリケーン避難者が必要とするであろう、食料、水、タオルなどの支援物資をダニー氏が運転するバンに詰め、ポート・アランサスに向かった。支援物資はビットコイン・ウォレットに紐付いたVISAカードで購入されたため、集めた義援金を即座に使うことができた。

アランサスに到着したダニー氏は地元コミュニティと連携し、支援物資を分配した。ダニー氏は今回の支援プロジェクトに対して以下のように語った。

「今回、改めて仮想通貨の便利さやコミュニティの強さを感じることができた。また避難者たちには一刻もはやく助けが必要であり、急な呼びかけにも関わらず私を信じてビットコインを預けてくれた人々に感謝したい。このようなことが達成できたのは仮想通貨の迅速に送金できる技術があったからだ。私は仮想通貨が人々の助けになると感じており、今後の発展に注力していきたい。」

The Crypto Show
Unsung.org

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。