LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は小動きで、現在882$前後の推移。

市場はトランプ就任、PBoCの中国取引所調査の内容を見極めたいとのムード。

昨日、BTCCに続き、Huobi、OKCoinも当局の要請に基づき、信用取引を中止することを発表した模様。

これで、中国三大取引所全てが、信用取引の中止を実施をすることになったわけであるが、信用取引は仮需を作ることにより流動性の向上に貢献する良い面があるが、一方、投機的取引を助長する、という悪い面もあり、今回は、その悪い面を指摘された、という動きだ。

総じて言うと、この動きはネガティブで、一般的に、信用取引による仮需があった方が、全体としての取引はスムーズになる。(例えば、急落時に空売りビットコインの買い戻しで売却が可能になるなど)

これは中国の市場の発展段階における間違った措置なわけであるが、一方で、世界的に中国取引のシェアが落ち、中国への依存が低下する面は長期的には良い方向であるとも言えるので、評価としては、短期的にはネガ、長期的にはポジということで良いと思う。

本日はトランプ政権のスタートとなるわけであるが、保護主義の強化の方向感の中で、ドル高に構えるポジションは取りづらく、トランプ発言一つで人民元高に動き易い。

基本的なスタンスはショートで、レンジは昨日のコラムの通り、910$前後での仕掛け待ち。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。