LINEで送る
Pocket

bitcoin-ban

4月25日10時、中国市場においてLTCが20%下落した。中国メディアChina.comが、人民銀がリスクコントロールのため、取引所に対しLTC、ET対し売買を禁じるとする記事を公開したことが発端だ。

24日に規制当局による仮想通貨取引所に向けた規制ガイドラインが流出したこと、またアルトコインを通じた風説の流布や仮想通貨を騙った詐欺やMLMが中国国内において蔓延していることを受け、コミュニティが反応した形だ。

既に元の記事は削除されており、情報ソースの正確性や追加の情報は得られていない。その内容は、「疑わしいアカウントの凍結」「ビットコインのみ取引可能」「LTC、ETCの取引を停止」というものだった。先日流出したとされている中国当局のガイドラインは、3月に報告された信用取引の禁止、ゼロ手数料の禁止、AML厳格化を含め、市場のボラティリティを抑制し、投資家を沈静化させる狙いがあるようだ。

情報源の真正性が疑われる一方で、Huobiは当該記事が公開された30分後、ソーシャルメディア、weibo(微博)を通じLTCの暴落リスクについて警告を発している。先に流出したガイドラインの中で、BTCの引き出し停止が当局の明確な指示であったことを鑑みると、単に「噂」だけで終わらせるには難しいものもある。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
BTCN編集長 bitbank CSO
ブロックチェーンの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36