LINEで送る
Pocket

blocksize-consensus-150609

イーサリアムベースのDApps(分散型アプリケーション)開発に取り組むConsenSysは、財務諸表などに特化したXMLの拡張言語XBRL(拡張可能な事業報告言語)の標準化団体と提携し、今後ビジネスでの活用が期待されるブロックチェーン発行トークンの標準化に乗り出した。

ワーキンググループでは、通貨から企業のポイントまで、あらゆる資産を表すブロックチェーン発行トークンを企業が活用することを目指す。ブロックチェーン関連の専門家を集め、会計や融資、技術面など広範な範囲について、2017年から活動を開始する予定だ。

現状、企業発行の仮想通貨(トークン)を財務上どのように位置付け、会計処理を行うかに関するスタンダードは存在していない。米XBRLのキャンベル・ブライト氏は、所有権や価値の移転手段としてトークンを使うためには標準化が必要だとし、「スタンダードなしにスマートコントラクトは実現しない」と声明の中で述べた。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36