LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は、今週からの軟調なムードが継続し、現在1000$割れの999$前後の推移。

スクリーンショット 2017-03-24 13.57.12

足元では75日線を維持できず、ムードは悪化してきている。短期的には突っ込み警戒。

スクリーンショット 2017-03-24 14.00.01

週足でみる下値の節目は970$前後に存在する一目均衡表基準線とボリバンセンターラインが存在するあたりであろうか。

2015年8月人民元切り下げを契機に始まった上昇相場は、週引値ベースで今まで一度も75週線(現時点で900$あたり)を割り込んだことがなく、ここを週引値ベースで維持できるかがポイントとなる。

ここ数日記載しているハードフォークリスクが下落の主な要因であろうと思うが、この1000$あたりは、BUを主導している大手中国マイナー陣が、依然、利益が出ていると推定されるレンジであり、これらのマイナー陣営はスタンスを変えるようなことは考え難い。

年初に筆者が考えたシナリオは、価格下落を通じて、これらの対立軸に収束が見られるようになる、というものだが、やはり600$あたりまで行かないと、大手マイナー陣営の経済合理性優先主義(オフチェーン取引増大への反対スタンス)が変更されるには至らないであろう。

ハードフォークリスクが現実化するには、まだ多少の余裕はあるが、当然であるが、BUがcoreを上回ってくると、イエロー信号が点滅し始める。

ここまでくると、価格的には、もはやハードフォークは起こるものとしてハードフォーク後価格を織り込みに行くので、価格調整は避けられないと覚悟しておくべきであろう。

筆者の感覚的には、現時点でのハードフォークの実現可能性は五分五分といったところ。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。