LINEで送る
Pocket

bitcoinjpjj

Segregated Witness(SegWit)のロックイン確定後、SegWit2xのワーキンググループは、3ヶ月後のハードフォーク計画を公表した。ワーキンググループのメンバーであるジーン=ピエール・ラップ氏の発表によれば、#494,784ブロック、11月中に2MBへブロックサイズを引き上げる方針だという。

2MBブロックへのアップグレードは、2016年2月の香港アグリーメントで合意され、2017年5月のニューヨーク協定で改めて推進されています。合意の内容は、SegWitをアクティベートした後、1MBから2MBにブロックサイズを引き上げるというものです。

SegWitのロックインが完了したことで、約2週間後の8月23日前後にアクティベートされることが決まった。ラップ氏によれば、SegWit2xワーキンググループはこの方針を変えておらず、ハードフォークの計画を継続して進めていくつもりのようだ。

ブロックサイズが2MBに引き上げられると、SegWitに対応するフルノードはブロックあたりのデータ量は最大4MBから8MBに、SegWitに対応していないフルノードは最大1MBから2MBまでデータ量が拡大する。

SegWitはトランザクションに含まれる署名(Witness)をブロックから分離(Segregate)して保存することで、ブロック内に含めるデータを減らす技術。2015年の「Scaling Bitcoin HK」の中で、ピーター・ウィール氏が後方互換性のある「ソフトフォーク」だけで実装できると発表し、急ピッチで開発が進められ、2016年10月にビットコインに導入され投票が開始された。ライトニングネットワークなどのセカンドレイヤー技術の前提にもなる技術で、トランザクション展性と呼ばれる問題も解決した。

ビットコインコアの開発者らは、2MBへのアップグレードを試みる「SegWit2x」、ニューヨーク協定を快く思っていない。

コア開発者のひとり、マット・コラロ氏は、SegWit2xとBitcoinCashで独自に用いられている「NODE_SEGWIT2X」「NODE_BITCOIN_CASH」の2つのピア通信を、コア・クライアントから強制的に切断する提案を行い、8月7日にマージ(コードが採用され取り込まれること)された。

コア派とSegWit2x派の対立はまだ終わっていない。11月には再び、ひと波乱がありそうだ。


Medium – Bitcoin Upgrade at Block 494,784

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36