LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は売り優勢の展開で、陰線。現在、約3615$。

スクリーンショット 2017-09-22 13.18.11

現在の位置は、昨日指摘した3600~4000$レンジの下限近辺に位置しており、狭い範囲の持ち合い想定の中でもロングに分がある状況になっている。

足元では200時間線を割り込んでいるわけだが、必要以上に売り込まれることもなく、やはり3600$の下限レンジでは抵抗が見られている。

前回の急落によって、ロングポジションの整理も相当行われており、需給的にも、一方的に売り込まれる状態にないと思われ、4000$までの短期手仕舞いを前提であれば、ロングを取っても良いと思う。

金融市場では、米FRBのテーパリングの件が話題であるが、仮想通貨に関してはどのような影響があり得るだろうか。

一般的にテーパリングは、金利の上昇、株式の下落に作用するのが一般論だと思うが、そもそも保有資産に仮想通貨は含まれていないはずなので、需給的にも何ら影響がなく、また、金利の上昇に対しても、そもそもビットコインは金利がないので比較の対象にもならず影響はない。

まだハードフォーク議論も出ていないために、売りにも買いにも材料難。

本日17時のSQも特に大きな動きを想定しておらず、少額短期ならロング、それ以外は様子見で。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

 

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。