LINEで送る
Pocket

litecoin-segwit

ビットコインに続き、ライトコインでもSegWitのシグナリングが始まる。

シグナリングは日本時間の2月3日18:30頃(ブロック高#1145088)から開始される予定であり、ビットコインと同様にブロックを用いた投票が採用された。投票のインターバルは8064ブロック毎(≒8.6日)で、期間内に75%のマイナーの支持を受けるとロックイン期間に入り採用が確定する。

95%のマイナーの支持を受けなければ有効化されないビットコインと比較すると、関わっているステークホルダーの数やロックインへのしきい値が低いライトコインは、採用へのハードルが低く、一足飛びで採用が進むのではないかと期待されているようだ。

BTCC創業者兼CEO、Bobby Leeの実弟であり、ライトコインの創始者(クリエイター)のCharlie Leeは、SegWitにかける思いとしてブログで次のように語っている。

「なぜ私がSegWitに賭けているのか、疑問に思うかもしれません。確かに、ライトコインにはスケールの問題はありません。ですがSegWitはただのブロックサイズ・スケール・ソリューションではないのです。ブロックサイズの節約は、あくまでもSegWitの副次的なメリットに過ぎません。」

SegWitとは

Segwitとは、正式にはSegregated Witnessといい、トランザクションデータから署名にあたる部分(Witness)を分離(Segregate)するソフトフォーク提案のこと。これを導入すると、トランザクションデータのうち署名の検証に必要のない部分を書き換えることで、同一のトランザクションに対して第三者が全く別のTxId(トランザクションID)を付与できてしまう「トランザクション展性」の問題を解決できる。

すると、何が起こるだろうか。

トランザクション展性の問題が解決すると、同一のトランザクションが別のTxidを持つことがプロトコルによって許されなくなる。すなわち、ブロックチェーンの利用者は、リアルタイムでトランザクションデータを監視する際に複雑な条件分岐を書かなくて済むようになり、ウォレットの開発者はトランザクション展性を防ぐためのコードが不要になる。ブロックチェーンが、シンプルになるのだ。

そして最も重要な点として、SegWitはライトニングネットワークに代表されるような、トラストレス(信頼が不要)なハブを中継する超高速のマイクロペイメントネットワークの前提技術になる(SegWitがなくてもLNを実装できるとする声もあるが、SegWitをむざむざ捨ててしまうことは考えがたい)。

なぜライトコインでSegWitなのか

ライトコインは元々、金本位制時代におけるゴールドに対するシルバーのように、価値が高く扱いにくいビットコインに対し、少額の支払いに向く仮想通貨として生まれた。Chalie Leeによれば、ビットコインをフォークしてライトコインを開発した当初から考えは変わっていない。

「ライトニングネットワーク(LN)が、ライトコインを使う理由をなくすという意見もあります」と、Charlie Leeは話す。「”ビットコインで瞬時に取引できるのであれば、ライトコインはいらないじゃないか”。そうではありません。ビットコインLNの手数料はおそらく、ライトコインLNよりも高くなり、経済合理性の面で意味があるのです。相互運用性のあるLNなら、ビットコインとライトコイン間の取引も可能です。」

アトミック・クロスチェーン・トランザクションは、ライトニングネットワークの最も有力なユースケースとして知られている。これは、いわば分散型Shapeshiftともいえる技術で、異なるブロックチェーンをセカンドレイヤーの分散型ネットワークを用いて相互に繋ぎ、異なる仮想通貨同士を交換することが可能とされている。ここに経済合理性が存在するか、という論点は残るものの、このような技術が実用化されると、パブリック・ブロックチェーン上の仮想通貨を使ったユースケースの可能性は大きく広がることになる。

このように、単に「スケーラビリティ」といっても、論点はブロックサイズだけではないことがわかるだろう。Charlie Leeは、ビットコインとSegWitの間に存在している「デッドロック」が、「ライトコインが先んじて採用し、その可能性を明示することでビットコインを支援することができるかもしれない」と話した。

「これは、ライトコインとビットコインが今後どのようにして世界の取引ニーズを協力して解決していくかという私のビジョンです。そして同様に、私が常にビットコイン・ゴールド対シルバーのアナロジーに共感している理由です。」


Litecoin SegWit Countdown
Charlie Lee’s post

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36