LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日はやや売り優勢で、現在2664$前後の推移。

スクリーンショット 2017-07-26 10.38.39

相場は、BIP91可決後、それを好感する形で、大幅上昇したわけであるが、目先の材料出尽くし感からさらなる上昇には力不足の状況にある。

テクニカルで見れば、昨日の下落も25日線で止まっていることや、一目均衡表遅行線が陰転していないなど、明確に売りに傾く状況でもない。

さて、目先的な話で言えば、次のイベントは8/1のビットコインキャッシュ(BCC)の登場だ。

スクリーンショット 2017-07-26 10.43.20

一部の取引所では、すでにBCCのIOUが取引されているのだが(添付はOKCoinのBCC/BTCレート)、現在、価格で言えば、1BCC=0.13BTC=約38,000円 程度であり、プライスは付いているものの、さほど人気が出ているような気配はない。

これは、まだBCCの全体像がまだ見えにくく、マイナーも追随してくるかどうかも定かではないので、まだ市場としては様子見、といった所だろうか。

BCCは、どちらかというと、マイナーを含む中国陣営のUAHFという位置付けで、取り扱いを表明している取引所も中国が中心。

中国陣営がこちらに流れ、全体として開発が進み、プロモートしていくようであれば、価格は上昇の余地はあると思うが、正直、現時点では本流というには程遠いと思う。

仮に、BCC/BTC=0.13 であれば、理論的に言えば、BTCは0.87に調整されてもおかしくないところだが、常識的に考えれば、コミュニティ分断によるパワー分散による全体的な価値低下が起こってもおかしくないところ。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。