LINEで送る
Pocket

名称未設定

アトミックスワップと呼ばれる異なるブロックチェーン間での仮想通貨取引が19日に行われ、1.337LTC(ライトコイン)と2.4066DCR(ディクレッド)の交換(スワップ)に成功した。アトミックスワップはクロスチェーン・アトミックスワップとも呼ばれている。

ディクレッドのデベロッパーチームが開発したスマートコントラクト「SCRIPT」は、今回のスワップに使用されたプログラムで、SCRIPTと互換性がある仮想通貨同士であればアトミックスワップが可能だ。

現段階において、ビットコイン、ライトコイン、ディクレッド、ヴァートコイン(VTC)間での仮想通貨ペアで成功しているようだ。またドージコイン(DOGE)やビットコインキャッシュ(BCC)などの仮想通貨も、アトミックスワップの適用内だとみられている。一方で、モネロ(XMR)は、SCRIPTと互換性がないため、別のアプローチを取る必要がある。

アトミックスワップの仕様を簡単に説明するために、取引者はそれぞれの仮想通貨を入れる箱を所有しているものとする。まず2つの箱にそれぞれの仮想通貨を入れ、取引者は箱にパスワードを入力する。箱を開けるには、相手のサインと相手のパスワードが必要な仕組みになっている。つまり、自分の仮想通貨が入った箱は、自分では開けられない。箱の中に仮想通貨が入っていることを確認し、どちらかがパスワードを相手に渡す。パスワードを受け取った側が箱を開けたら、渡した側の箱に入力されたパスワードが開示される。そのパスワードを使って、パスワードを渡した側は相手の箱を開け、取引完了となる。また、不測の事態に備え、取引が48時間以内に完了しなかった場合、箱の中の仮想通貨は元の所有者に返還される。

アトミックスワップのメリットは、自身の個人情報をオンライン上に晒さず、個人間で直接取引できることだ。取引所のような第三者機関を通した取引の場合、個人情報の登録が必要だった。現在、多くの企業がハッキングの脅威にさらされており、個人情報は第三者に渡すことの是非が問われ始めている。先日発覚したEquifaxのハッキング事件では、1億人以上のクレジット情報が漏洩している。取引する仮想通貨の数が大きい場合、自身の仮想通貨を第三者に預ける必要がないことから、アトミックスワップが安全とされる。

アトミックスワップの欠点は、オンチェーン取引のため取引者はそれぞれマイニング手数料を支払う必要があることだ。取引がブロックに取り込まれるまでに時間がかかるため、ビットコイン取引の場合、完了まで最長で1時間ほど所用してしまう。

多くの仮想通貨取引所は、各国政府の監視下にある。中国の取引所の操業停止などを鑑みると、取引所のような第三者機関には何が起きても不思議ではない。アトミック・スワップはユーザー主権の技術であり、ユーザーに新たな仮想通貨取引の選択肢を提供するという大きな意味がある。


Decred Blog

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。