LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2017-03-02 午後7.18.46

ライトコインが駄目なら、モナーコインだ。

モナーコインは2013年12月23日、2ちゃんねるから生まれた日本初の「暗号通貨」で、ワタナベ氏の愛称で呼ばれる開発者によって作られた。WBSに取り上げられた時(2014年)ほどの勢いはないものの、今も根強いネットコミュニティに支えられ、活動を継続している。

今年2月にリリースされたver.0.13.2.2には、Segregated Witnessを含むアップデートが盛り込まれている。投票のブロック期間は10080ブロックで、同2月にシグナリングを開始したライトコインと同様、期間内に75%を超えるブロックにSegwitを支持するシグナルが埋め込まれていれば、Segwitの有効化が確定する。既にSegwitを支持するマイナーは15%を超えており、その期待感からかモナーコインの価格は50%以上上昇した。(Monacoin Segwit Status

シグナリングの開始から既に1ヶ月が経過したライトコインの支持率は20%付近であり、モナーコインがここから巻き返すことも可能性としてはありうる。

トランザクション展性の解決をはじめ、Lightning Networkのようなオフチェーン・レイヤーの拡張を加速させるソフトフォーク提案「Segregated Witness」(Segwit)。2015年のScaling Bitcoinでその概念が発表されてから、コミュニティはビットコイン・スケーラビリティを解決するソリューションとして大きな期待を寄せた。

2016年のはじめにはSegwitのためのテスト用ネットワーク「segnet」がリリースされ、同9月にはテストネットにおける本稼働が開始された。11月には、いよいよメインネットでブロック投票が始まったが、Segwitを待望する人々の思惑は叶わず、Segwitを受け入れたがらない人々との対立構造が生まれている。

ビットコインにおけるSegwitの支持率は、2月の頭に底を打ったが、その後徐々に支持を集め27%まで回復した。ViaBTCやBitcoin.comなど、対抗馬とされるBitcoin Unlimitedを支持するマイニングプールのシェアが相対的に減少したことが原因で、世界最大のハッシュレートシェアを誇るAntPoolもシェアを落とした。


AskMona
Monacoin Project

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
BTCN編集長 bitbank CSO
ブロックチェーンの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36