LINEで送る
Pocket

mining

アメリカ北西部、カナダに隣接するモンタナ州において、雇用創出に向けた取り組みのひとつとして、ビットコインのマイニング産業に助成金を交付すると発表した。

スティーブ・ブルロック州知事の声明によれば、モンタナ州ミズーラに本拠を構える「Project Spokane LLC」に、ビッグスカイ経済開発信託基金(BSTF)より41万6千ドルが交付されたとのことだ。助成金の総額は110万ドルで、そのうち38%がマイニング産業に充てられたことになる。アメリカにおいて、ビットコインのマイニング事業に直接助成金が交付されたのは初めての事例となる。

助成金は、マイニング機材、周辺機材、ソフトウェアの購入及び給与に用いられる予定だ。

ミズーラ・エコノミック・パートナーシップのCEOであるジェームズ・グランケ氏は、地方紙「ミズーリアン」に対して「素晴らしいニュースだ」と賞賛する。

「現在、彼らは12,000台のサーバーを保有している。将来的に、55,000台に増設する予定だ」と、グランケ氏は語る。「これは非常にエキサイティングだ。ミズーラにとっても、非常に経済的インパクトがある」

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36