LINEで送る
Pocket

photo by Sasha Wolff(trimmed)

photo by Sasha Wolff(trimmed)

8月1日以前にBitcoinを持っていた人びとは、それと同数のBitcoinCashを得たことで、売却し、Bitcoinのおよそ10~20%程度の資産を一夜にして殖やすことに成功した。また、BitcoinCashを支持する人びとは、Bitcoinを売却し、Bitcoinの5~15倍の数量のBitcoinCashを得ることに成功した。

はじめは開発方針と思想の不一致から起こったハードフォーク論争だったが、やがてハードフォーク自体が目的化しはじめた。自己が保有するコインを増やすために敵対的なハードフォークが繰り返し行われるようになりつつある。現状においてはまだ顕在化していないが、近い未来にそうなる可能性があり、すでにその兆候が現れはじめている。

ハードフォークの連鎖

EthereumClassicやBitcoinCashの前例により、メジャーな仮想通貨でハードフォークを行われれば、世界のどこかの取引所が取り扱いをはじめ、波及的に他の取引所も対応に迫られることは知られている。Coinbaseの元技術ディレクターで、ライトコインのリード開発者であるCharlie Lee氏は、取引所がハードフォークを拒絶し、どちらかの仮想通貨を無視することができないと10月のはじめに語っている

「取引所は一方を無視し、他方を採用するようなことができない。片方だけを選択すれば、ユーザーは混乱し、訴訟にも発展する可能性がある。私がCoinbaseにしたアドバイスは、両方を支持し、市場にどちらのコインが真のBitcoinであるかを決定してもらおうというものだ。」

また、bitcoin.orgは、11月に迫るSegwit2x計画に対して、5月にデジタルカレンシーグループが取り仕切り合意したニューヨーク合意(NYA)に署名した企業に対して、Segwit2x HFが起こった場合の対応策とスタンスの明示を迫っている。10月11日(UTC)より警告が始まる見込みだ。

投機的ハードフォークと分岐収益

Bitcoinをハードフォークしたコインを売却することで得られる経済的利益を「分岐収益」とし、分岐収益を得ることを目的としたハードフォークを「投機的ハードフォーク」と定義する。

8月1日の分岐では、ユーザー視点においてBitcoinを保有する誰もが経済的に美味しい思いをした。前評判にもかかわらず、Bitcoinの価格は分岐後にほとんど下落せず、むしろ価格上昇を続けたからだ。分岐時点でBitcoinを保有していた人は、それと同数のBitcoinCashを得た上に、多くの取引所が取り扱いをはじめたため、容易に換コインすることができた。

ハードフォーク自体は容易にでき、採掘難易度さえ調整するアルゴリズムを導入しさえすれば、マイナーがついてこずハッシュレート・マイノリティに陥ったとしても、すぐにマイニングすることができるようになる。Ethereumはブロックごとに難易度が調整され、BitcoinCashには、Emergency Difficulty Adjustment(EDA)と呼ばれる難易度調整機構が導入された。

投機的なハードフォーク実施者の狙いは取引所での売却による分岐収益であり、分岐したコインの市場が立てば莫大な利益を得ることができる。取引所によっては資金を積めばどのようなコインでも上場を認める所もあり、これを悪用するものも現れる恐れがある。

Bitcoin Gold

投機的ハードフォークの代表格がBitcoinGoldだ。

BitcoinGoldは、PoWアルゴリズムをEquihashに変更することで、BitcoinをGPUで採掘できるようにすることを標榜するフォークコインだ。BitcoinGoldのハードフォークは10月25日に予定されており、Bitcoinの最新のブロックチェーンから分岐する計画になっている。

BitcoinGoldは、香港のマイニングファームLightningAsicのJack Liao氏らによってリードされている。開発者に言わしめれば、BitcoinGoldは「フレンドリーなHF」とのことで、Bitcoinで実装予定のプログラムを先駆けて実装し、メインネットで走らせることで実地試験を行うことができるとのことだ。Bitcoinのテストネットとしてのメインネットという位置づけだと主張する。

ところが、Redditユーザーの/u/EnviousArmが報告するところによれば、BitcoinGoldには16,000ブロックのプレマイン(公開するまえにブロックを採掘すること)があり、20万数量のBitcoinGoldが開発者の手元に渡ることが判明している。プレマインはICO以前のアルトコインブームで蔓延した手法で、開発者がその仮想通貨を市場で売却し発行益を得るために用いられる。また、PoWにもバグがあることが報告されているようだ。

BitcoinGoldのリード開発者であるH4x3rotabはBraveNewCoinのインタビューに対し、「今後、Segwit2xやB-cashに加えC-cash、D-cash、Segwit4x、Segwit8xのようなハードフォークが行われるだろう」と見ている。「すでにプロトコルアップデートを拒み利益を得る既得権益が生まれています」

わかっている範囲では、Bitcoin、BitcoinCash、Segwit2x、BitcoinGoldの4つがハードフォークによって生まれる可能性があり、そのほかにもEIP20トークンとしてeBTCが9月末に生まれている。

投機的ハードフォークの魅力には抗いがたい(ICOと同じように)

Bitcoinは最も大きな時価総額をもつブロックチェーンであり、最もステークホルダーが分散し、ユーザーやウォレット、導入店舗の採用が進んでいる仮想通貨ネットワークだ。EthereumとEthereumClassicの時には半値にまで下落したが、Bitcoinの盤石な基盤は、BitcoinCashハードフォークによってもまったく揺るがなかった。それゆえに、Bitcoinは今後もハードフォークの標的にされるであろうし、仮にBitcoinから分岐した新たなコインが生まれても、やはり最も大きなBitcoinに対して攻撃が行われるだろう。

Bitcoinの価格は、Segwit2xという不安材料を目前にしても上昇を続け、執筆時点では53万円にも到達している。市場関係者には「ハードフォークによる付与に期待した投資家がBitcoinを買っているのではないか」と見るものもおり、ハードフォークがすでに投機に使われている可能性を排除することもできない。もちろんハードフォークのすべてが悪いということではなく、今月10月に予定しているイーサリアムのハードフォーク「Metropolis」などの計画的なハードフォークは、問題なく実施されることだろう。EthereumClassicが生まれたのは、TheDAOによる突発的な事件に対してハードフォークを強硬したからで、FrontierやHomesteadでは永続的な分岐は起こらなかった。問題なのは敵対的なハードフォークであり、分岐が発生することがわかっていながら強行するハードフォークである。

投機的ハードフォークの中毒性は、マイナーや取引所、ユーザーなど、特定の主体に対して発揮するわけではなく、投機的な感情が生まれた誰に対しても忍び寄る。2017年3月から7月にかけてのUASF、UAHF、Bitcoin-ABC、NYAなどの騒動は、すべてのBitcoinのステークホルダーの精神を消耗させた。

9月のBreaking Bitcoinで語られた「Socialized Costs of Hard Forks」(まとめ記事)では、ハードフォークが「美味しい」フリーランチではなく、さまざまな社会的コストがあるとJimmy Song氏が説明している。ユーザーや業界全体がハードフォーク中毒に陥らないためにも、ハードフォークに対してはリスクを周知し、誰もが毅然とした態度でスタンスを明確にしていくべきだろう。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
BTCN編集長 bitbank CSO
ブロックチェーンの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36