LINEで送る
Pocket

★様子見

週末は、10%以上の大幅な上昇で、現在3341$前後の推移。

スクリーンショット 2017-08-07 13.32.57

土曜日に、先週指摘した相場の節目2960$を超えたのち、相場は急上昇。

この動きにより、ビットコインは新高値を更新し、現在、高値圏でのもみ合い中。

この背景であるが、最も大きいのは、BCCの換金売りによりBTCの購入需要の出現だ。

世界の取引所を見ると、BCC(BCH)/法定通貨よりも、BCC(BCH)/BTCでの取引が多くスクリーンショット 2017-08-07 13.38.26

BCC(BCH)全体の取引の中でも約60%を占めていることがわかる。

BCC(BCH)のここ数日間の時価総額は、平均約8000億円程度あったと仮定すると、8000億円×60%=約5000億円の買い需要が発生したという計算になり、ビットコインは5兆円程度の時価総額ということを考えると、約10%の上昇で5000億円であるから、新規の資金流入による押し上げ効果、ということが説明できると思う。

また、BTCNでも紹介されているように、CBOEがビットコイン先物取引を開始するとのニュースが出ている。

ご存知の通り、仮想通貨の市場規模は、最大のビットコインですら、わずか5兆円程度の時価総額しかなく、大変小さい。

これでは、仮に仮想通貨が投資適格商品となったとしても、ファンドなどの機関投資家の大口資金の受け皿にはなりえない。

そこで、このようなデリバティブの登場な訳だが、先物やオプション、ETFなどのバリエーションが揃うことで、現物市場に入らなくても、その収益を享受できるようになる。

これらも、ビットコインの価格を押し上げた一因になったと言える。

さて、ビットコインは新値を取り、再び強気モード。

今回の節目2960~3000$あたりまでの押し目を狙う形でロング準備ということで良いのではないだろうか。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。