LINEで送る
Pocket

bannedbitcoin

ビッグブロックかSegWitか、論争はいつまで続くのか。

UASFはUser-Activated Soft Forkの略称で、8月1日(フラグ・デイ)を堺に強制的にソフトフォークを実行するための提案である。これは、ビットコインの改善提案をまとめたBIP(BIP148)で提案されており、「採掘ハッシュレートと関係なしに多数派のユーザー(ウォレット、取引所など)が認めれば、それはプロトコルの新しいルールなのである」の精神でフォークを実行することから、「経済的多数決」とも呼ばれる。

UASFのコンセプト自体は新しいものではない。たとえば、過去にP2SH(スクリプト言語標準)ソフトフォークを実行した際にも、フラグデイ方式を用いたフルノードの一斉アップグレードが行われた歴史もある。

マイナーに牛耳られた「合意」を再びユーザーの手に取り戻そうという趣旨の活動は、SegWitの支持者でもある大手マイニング企業Bitfury、ハードウェアウォレット・マニュファクチュアTrezorを筆頭に、急激にサポーターを集めている。

BIP148とは

BIP148は、Shaolin Fryという人物により3月に提案されたソフトフォーク提案で、既にソフトフォーク待機状態にあるSegWitのデプロイメントを、マイナーによる95%の支持を待たずに実行する仕組みだ。BIP148のコードが含まれるソフトウェアは、8月1日時点(エポックタイム: 1501545600)でSegWitがロックインまたはアクティブになっていなければBIP148がアクティブになり、SegWitシグナルを発していないブロック(非SegWitブロック)をすべて拒否するようになる。

すなわちBIP148は、UASFでSegWitをアクティベートするのでなく、あくまでも非SegWitブロックを単に拒否し、ブロックチェーンをフォークすることを目的としているといえるだろう。

この場合、例えば8割から9割の取引所やウォレット、決済代行事業者がBIP148をサポートすると、BUシグナルや8MBブロックシグナルを発するマイナーは、採掘にかけたコストが無駄になる。新たに採掘したブロックが完全に無視され、取引所でも換金不能となるからだ。これが、「経済的多数決」と呼ばれる所以だ。

しかし、UASFはブロックチェーンの分岐リスクもはらんでいる。というよりも、SegWitが8月1日までに95%の支持を得、ロックイン期間に入らなければ、確実に分岐することになるだろう。

UASFのサポーターは、経済合理性から、8月1日以後、マイナーはSegWitのアクティベートなしで収益化ができないため、SegWitを支持するだろうと考えている。しかしながらSegWitに対立的なマイナーから見れば、ごく少数のハッシュレート(BitFury単体では10%にも満たない)しか持たないBIP148チェーンは、ブロックの発見時間が平均10分から120分程度にまで延長するため、ディフィカルティ調整期間である2046ブロック分を耐えしのぎ、音を上げ続けるまで無視し続ける算段が高い。(それに、この間ビットコインは100%近く高騰しており、マイナーはPLが改善し利益を溜め込んでいるはずだ)この場合BIP148を選んだサポーターは約4ヶ月の間、1ブロックあたり2時間待たなければならない計算になる。現在のネットワーク混雑状況を見れば、いとも容易くパンクするであろうことは明白だ。

UASFはとりわけウォレットプロバイダにサポーターが多いものの、実際に鍵を握るのは他通貨との交換を担う取引所になるだろう。筆者個人の意見として、BIP148のリスクはBitcoin Unlimitedハードフォークと同様にあり、安直に考えて結論を下すことに異を唱えたい。


uasf

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36