LINEで送る
Pocket

★売り

週末は基調としては強めに推移し、現在911$前後の推移。

週末は、トランプ正式就任の発言内容が明らかとなり、特に中国、日本などの貿易黒字国への牽制姿勢に変化がないことが確認され、CNYやJPYに対し、ドルは弱めの推移をしてる。

また、問題のPBoCの中国取引所調査を受けて、三大取引所が「信用取引廃止」「現物手数料0.2%の徴収」という内容が明らかとなり、市場が気にしていた内容がほぼほぼ明らかとなってきた。

前者に関してはシナリオ通りだが、後者に関しては、中国の現物取引市場は前述2つの施策により、流動性が落ちる可能性が高く、短期的には、市場の魅力低下、ボラティリティの低下などのマイナス面があり、長期的には、中国偏在問題に対しポジティブな方向となる。

いずれにせよ、短期的なトレードという視点では、人民元安の踊り場、取引所規制ともにマイナスの材料として考えたほうが良いと思う。

さて、筆者であるが、昨日再度ショートポジションを取った。

筆者は先週から売りの目標値を910~940$とコメントしていたが、それに則った格好。

スクリーンショット 2017-01-23 11.35.14

執筆現時点では、まだテクニカル上の戻りが継続しているようで、下落のトレンドに入ったように見えないが、一目均衡表陰転(◯印)している中で、基準線(940$)は短期的には戻り限界値であると見る。

スクリーンショット 2017-01-23 11.43.13

週足で見ても、この940$あたりは、5週線MA、転換線が控えており、上昇するにしても、もう少し時間を消化しないと、あるいは強烈な買い材料がなければ、上抜けていくことは難しと考える。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。