LINEで送る
Pocket

名称未設定

ハイパーインフレーションに苦しむベネズエラにおいて、ビットコインを稼ぐためにオンラインゲーム、Runescapeをプレイしているユーザーが存在している。これらのユーザーはゲーム内で獲得したゴールドをビットコインに換金し、生活費に充てる。Runescapeは2001年よりサービス開始した老舗MMORPGで、全世界で2億以上の登録アカウント数を誇る。

Runescapeのプレイヤーはゲーム内の敵を倒すことで、Runescapeゴールドを手に入れることができる。難易度の高いミッションやボスを倒すことで、報酬は高くなる。ベネズエラ人プレイヤーの一部は、このRunescapeゴールドを、現実世界の現金や電子マネーなどに交換できるRMTサイトを通してビットコインに換金しているという。

オンラインゲーム内で稼いだゴールドを現金化する行為をゴールドファーミングと呼び、オンラインゲームが大きく普及した2000年頃から、これを仕事として行う人が増加していた。ゴールドファーミングはオンラインゲームが盛んな中国で注目を浴び、2009年には中国国内で100万人ものプレイヤーが従事していた。

プレイヤーはグリーンドラゴンを倒すことで、一時間あたり約500,000ゴールドを獲得できる。500,000ゴールドは現実のお金に換算すると約0.5セントになる。スキルの高いプレーヤーになると、一時間で2ドルから3ドルほどを稼ぐことができるという。彼らの収益は、ベネズエラで大学卒業資格を保有する人々の稼ぎよりも多い。

ベネズエラでは8月のインフレ率が33.8%に上り、生鮮食品を含めたインフレ率は50%を超えた。国内の食料や医薬品などが特に供給不足に陥っている状況にあり、2017年に入ってから8月までのインフレ率は366%に上る。これはつまり、ベネズエラの通貨の価値が今年はじめと比べ、3分の1以下に減少したということだ。オイル原産国のベネズエラでは、原油価格の下落とともに経済が停滞していた。

Runescapeの運営は、ゴールドファーミングを行うプレイヤーがRunescapeのゲーム性を損なう可能性があるとしアカウントの停止措置をとっている。しかしベネズエラの経済状況を鑑みると、ビットコインを稼ぐことができるゴールドファーミングはベネズエラの人々にとって数少ないインフレへの対抗策だ。彼らにとっては、Runescapeはただのオンラインゲームではなく、生きるための糧なのである。

___

Bitcoin.com

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。