LINEで送る
Pocket

★様子見

昨日は、bloomberg社のPBoC関連ニュースに反応し、急落するも、すかさず戻しが実現するという大変強い動き。

相場は非常に強く、終始、現物に一定の買いが入り続け、現物主導で相場が形成されている印象。

相場の上昇背景は、やはりトランプ政権による地政学リスクの拡大、といったところだともうが、昨日の動きを見ても、もはや中国関連のマイナス材料を簡単に消化するところを見ると、相場のテーマは変化している可能性が出てきていると思う。

足取りは強く、正直まだ天井を打っている感じもないので、現時点では、相場はもう少々高値を試しに行く動きになる可能性が高い。

上値のめどを測るのは難しいのだが、一つ意識するラインは、ボリバン2σラインの1120$あたりだろうか。

スクリーンショット 2017-02-09 12.32.36

しかしながら、相場の位置は依然として高いところにありバッドニュースが出るとあっさり急落するので、基本慎重な対応とし、カンカンの強気とはならない方が良いと思う。

筆者は今回は完全に相場の方向性を見誤り、年初の下落時における利益を全て吐き出してしまった。一旦、手仕舞いを行い、再度チャレンジすることとする。

 

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。